橋本かずみ活動ブログ

統一地方選 県議選を振り返って

平成23年4月1日告示、10日投開票の静岡県議会選挙を振り返り、
多くの皆さまにお支えいただき、無投票にて当選をさせていただくことができました。

自らの選挙が終わり、その報告を後援会の皆様にさせていただく間もなく、同僚の県議候補の応援の連日伺いながら、東北大震災の情報収集、熱海の計画停電等での観光の2次的被害対策など、県や市との調整を行っていました。

勝つことが鉄則の選挙の世界ですが、追い風も吹けば逆風も吹くという中、自分の過去の経験からですが・・。今回は、民主党政権への失望から大変厳しい逆風を感じました。
政権党の民主党に対する政権交代時の大きな期待感から、一転して失望の声は次第に大きくなり、その風はやむどころか更に大きくなっていました。

自分も市議時代の熱海市のことですが、政権交代を経験しており、はじめは一人野党会派からスタートし、少数ではありますが、与党会派を4年前に経験し、どれだけ大変かということを知っているだけに、国政と地方とは比べ物にならないとは思うのですが今の政府民主党の苦しみがわからないわけでもありません。それにしてもこの統一地方選挙に対して、静岡県はほとんど党の作戦もなく惨敗という結果でした。

東日本大震災が起こり、被災地の方を優先することは当然ですが、一人で多くの仲間の議員を増やし、民主党への理解を求めて、党員・サポーターの拡大を、と、日頃お願いしている立場から言わせていただくなら、「何やってるんだ。」と愚痴もこぼしたくなりますが、その言葉はそのまま国民が私たちに言いたい言葉ということでしょう。

他の地域へ行き熱海市内だけではなく、どのこ選挙区でも「何党?」と聞かれ「すみません、民主党です。」と、どうしてもはじめに「すみません」が正直ついてしまう。政権交代時にあれだけ多くの皆さんに頑張れと激励されたことを決して忘れてはいけないし、現在においても、国民目線で説明が十分であるとは言えないと思います。

今回の選挙で改めて市民・県民・国民の声を聞かせていただき、色々考えさせられましたが、反省点を統一地方選後半戦の市議選等が終わってしっかり総括をしなくてはなりません。
そして、熱海市の経済状況はまさに崖っぷちに立たされている状況、一刻も早く更なる対策に取り組まなくてはなりません。

橋本かずみプロフィール

橋本一実(はしもと・かずみ)
1964年(昭和39年)10月20日生まれ、54歳
家族:母、妻、1男2女
静岡県熱海市清水町5-17
●静岡県立熱海高校卒業(1982年度卒)
●株式会社東海プランニング代表
●熱海市交通指導員(2002年~)
●熱海市バドミントン協会会長(2008年~)
●熱海高校同窓会みどり会会長(2017年~)
●熱海ワイズメンズクラブ会員(1998年~)
●熱海コミカレねっとわーく会員(2002年~)
【公職・政治歴】
●2002年9月:熱海市議会議員初当選
●2003年4月:熱海市議会議員再選
●2007年4月:熱海市議会議員3選
●2010年10月:静岡県議会議員初当選
●2011年4月:静岡県議会議員再選
●2014年5月:静岡県議会厚生委員長
●2015年6月:衆議院議員秘書
●2019年4月:熱海市議会議員4選

ブログアーカイブ

PAGE TOP