橋本かずみ活動ブログ

フジよ、安らかに。

フジ①ニュース等でご存知の方も多いと思いますが、病気で尾びれのほとんどを失いながら、人工の尾びれを装着して泳ぎを取り戻したことで人気だったバンドウイルカの「フジ」が1日、飼育されていた沖縄県の海洋博公園で亡くなりました。

私がこのフジのことを知ったのは、ちょうど10年前の2004年のことであり、それは、「魅力ある水族館」の調査をしている時のことでした。

市議時代に機会があり、2004年の7月月25日に沖縄に行った際、実際にこのフジの姿を見ました。

そにときはまだ、人工の尾びれはついていない状況でしたが、それでも元気に泳いでいたフジを見たことを覚えています。

「これがフジかぁ」とフジの喜ぶ抵抗の少ない丈夫な尾ひれが完成することを心待ちにしていました。

フジはお隣の伊東市で捕獲されたイルカでした。

「フジ」は尾びれの末端から壊死(えし)する病気にかかり、瀕死(ひんし)の状態に陥りました。

県立北部病院の嘉陽医師ほか病院関係者の方々のご協力で一命は取り留めたものの、尾びれの約75%を失ったフジはイルカ本来の遊泳ができなくなってしまいました。

フジを出来るだけ健康な状態で飼育していくためには、運動機能を回復させなければなりません。そのためにはどうしたら良いのかという試行錯誤の中から生まれたのが、フジに人工尾びれを作るという案でした。

株式会社ブリヂストン社をはじめとする多くの方々のご協力によって「人工尾びれプロジェクト」が始まり、2004年12月、ついに、世界初の人工尾びれが誕生したのです。

海洋博公園は「フジが残してくれたものを、お世話になった人たちに伝えたい」として、フジのパネル展開催を予定しているようです。

フジのご冥福をお祈りするとともに、今までフジのお世話をされてきた関係者の皆様に心から御礼とお見舞いを申し上げます。

フジよ、安らかに。

http://www.asahi.com/articles/OSK201311160008.html?ref=yahoo

橋本かずみプロフィール

橋本一実(はしもと・かずみ)
1964年(昭和39年)10月20日生まれ、54歳
家族:母、妻、1男2女
静岡県熱海市清水町5-17
●静岡県立熱海高校卒業(1982年度卒)
●株式会社東海プランニング代表
●熱海市交通指導員(2002年~)
●熱海市バドミントン協会会長(2008年~)
●熱海高校同窓会みどり会会長(2017年~)
●熱海ワイズメンズクラブ会員(1998年~)
●熱海コミカレねっとわーく会員(2002年~)
【公職・政治歴】
●2002年9月:熱海市議会議員初当選
●2003年4月:熱海市議会議員再選
●2007年4月:熱海市議会議員3選
●2010年10月:静岡県議会議員初当選
●2011年4月:静岡県議会議員再選
●2014年5月:静岡県議会厚生委員長
●2015年6月:衆議院議員秘書
●2019年4月:熱海市議会議員4選

ブログアーカイブ

PAGE TOP