橋本かずみ活動ブログ

生存率を高めるライフジャケット

フローティングボートを搭載し直立浮遊を可能にした画期的なライフジャケットが展示されいるということを展示会場のマリンスパ熱海のスタッフの方から情報をいただき、見させていただきました。

従来のライフジャケットは寝そべった状態での浮遊となり、バランスを取ることが困難となり、例えば意識を失った状態で体があお向けならば良いのですが、うつ伏せの場合、顔が水のなかに浸かってしまいます。

そんな問題点を改善したライフジャケットとうことで、どんな感じか業者の方に装着していただいて画像を撮らせていただきました。

直立することで、胸から上が浮くことにより、水に浸かる部分が少なくなることは確かにそうだと感じました。そのことにより長時間浮遊した際の体温保持にもつながるということでした。

昨年の東日本大震災での津波被害を教訓に、このようなライフジャケットを沿岸地域の住民の皆様は備えておくことも必要かもしれません。

橋本かずみプロフィール

橋本一実(はしもと・かずみ)
1964年(昭和39年)10月20日生まれ、54歳
家族:母、妻、1男2女
静岡県熱海市清水町5-17
●静岡県立熱海高校卒業(1982年度卒)
●株式会社東海プランニング代表
●熱海市交通指導員(2002年~)
●熱海市バドミントン協会会長(2008年~)
●熱海高校同窓会みどり会会長(2017年~)
●熱海ワイズメンズクラブ会員(1998年~)
●熱海コミカレねっとわーく会員(2002年~)
【公職・政治歴】
●2002年9月:熱海市議会議員初当選
●2003年4月:熱海市議会議員再選
●2007年4月:熱海市議会議員3選
●2010年10月:静岡県議会議員初当選
●2011年4月:静岡県議会議員再選
●2014年5月:静岡県議会厚生委員長
●2015年6月:衆議院議員秘書
●2019年4月:熱海市議会議員4選

ブログアーカイブ

PAGE TOP