橋本かずみ活動ブログ

浙江-静岡名品展覧会

静岡県・浙江省友好提携30周年記念事業の「浙江-静岡名品展覧会」がツインメッセ静岡にて開催され6日見学して参りました。

浙江省は華東地区中部に位置し、東シナ海に面す。省都は杭州市。
浙とは省内最大の河川・銭塘江を指し、銭塘江は蛇行が激しいことから曲江・之江・折江・浙江などと呼ばれてきました。

中国の沿海諸省のなかでも最も先進的な省のひとつであり、特に省政府が主導する公共インターネット網はよく整備されているそうです。
wiki2008年のデータを見ると、浙江省生産総額(GDP)は対前年比増の21,500億元で、省・直轄市別では広東省、江蘇省、山東省に次ぐ中国国内第四位となり、2008年度の一人当たり生産総額は対前年比増の41,966元。2004年の輸出総額は電子製品輸出の大幅増が寄与して対前年比39.8%増の581億米ドル。省東部の杭州湾を縦断して寧波と嘉興を結ぶ世界最長の杭州湾海上大橋が2004年6月に着工し、2008年5月1日に開通したとなっています。

名品展展示資料によると浙江省は、

陸地面積は101,800 km² 常住人口5,443万人 行政区画は11地級市の下に下級行政単位である市轄区、県級市、県を90管轄する。 経済指標 2011年地区生産総額4,955億ドル 一人当たりの生産総額9,083ドル 輸出入総額 3,094億ドル 主要産業 機会・電子・紡績・軽工業など伝統製造業 バイオ医薬・新エネルギー・省エネ環境保護・自動車・船舶などの新興産業・商業貿易物流・金融・情報・建築・旅行レジャー・文化・アウトソーシング及び電子ビジネスなどの現代サービス業・お茶・繭・シルク・きのこ類・花などの現代農業

友好都市 杭州市⇔浜松市 湖州市⇔島田市 嘉興市⇔富士市 紹興市⇔富士宮市 麗水市⇔三島市   1982年の浙江省と日本との輸出入額はわずか1.08億ドル、2011年には浙江省とに日本の輸出入額は252億ドルに達している。 浙江省から日本への輸出は133億ドル、日本からの輸入は119億ドル、相互間累計相互直接投資額は53億ドルに達している。

この名品展覧会には109社が出展し、内浙江省95社、静岡県14社となっていました。

名品展と言うことですが、本当に日本で言うと技能功労者の名作ばかりといった素晴らしい作品が展示されており、また浙江省の特産物などの販売等も行われていました。

橋本かずみプロフィール

橋本一実(はしもと・かずみ)
1964年(昭和39年)10月20日生まれ、54歳
家族:母、妻、1男2女
静岡県熱海市清水町5-17
●静岡県立熱海高校卒業(1982年度卒)
●株式会社東海プランニング代表
●熱海市交通指導員(2002年~)
●熱海市バドミントン協会会長(2008年~)
●熱海高校同窓会みどり会会長(2017年~)
●熱海ワイズメンズクラブ会員(1998年~)
●熱海コミカレねっとわーく会員(2002年~)
【公職・政治歴】
●2002年9月:熱海市議会議員初当選
●2003年4月:熱海市議会議員再選
●2007年4月:熱海市議会議員3選
●2010年10月:静岡県議会議員初当選
●2011年4月:静岡県議会議員再選
●2014年5月:静岡県議会厚生委員長
●2015年6月:衆議院議員秘書
●2019年4月:熱海市議会議員4選

ブログアーカイブ

PAGE TOP