橋本かずみ活動ブログ

秋葉原から静岡の「食の都」を発信

13.12.14おいしず⑥~おいしい処静岡~通称「おいしず」を視察。

静岡県が、平成25年7月5日、首都圏での県産品の情報発信拠点として、また、販路開拓を支援するため、東京の秋葉原にアンテナコーナーをオープンしましたが、現地になかなか行くことが叶わず、やっと今月14日に東京出張があったため視察、、、というほどのモノではありませんが見学して参りました。

13.12.14AKB13.12.14おいしず③アンテナコーナーの名称は、「ふじのくに おいしい処(どころ)静岡」、通称「おいしず」です。

JR秋葉原駅前ということで、駅前に出るとさすが秋葉原!AKB48CAFEがあり~~記念に立ち寄る勇気は、娘がいたなら別かもしれませんが、ひとりではちょっとその勇気はありませんでした。それに店内が混雑しているようで列ができていて時間待ちとなって盛況でした。

さて「おいしず」ですが、県産品を幅広く取り揃え、ここでしか買えない静岡県ならではの商品を販売しております。

13.12.14おいしず①13.12.14おいしず②商品には、お茶やさくらえび等、静岡県を代表するような食品のほか、「ふじのくに新商品セレクション」の受賞商品、静岡県生まれの酒米「誉富士」を使ったお酒、お菓子、B級グルメなどがあります。

私は試飲として実演していた川根高田農園オリジナル「べにふうき紅茶」を購入しました。
家でゆっくり味わいたいと思います。

ひとつ気になった点は賞品は豊富に取りそろえられていましたが、全国の自治体が出店している中ですので、「ふじのくに新商品セレクション」の受賞商品、せめて金賞受賞は、もっと大きくPRして欲しいと感じた次第です。

13.12.14おいしず⑤13.12.14おいしず⑦「おいしず」は、JR秋葉原駅前(駅から徒歩2分)の日本のいいもの逸品市場「ちゃばら(CHABARA)」内にあります。「ちゃばら」には、全国の自治体や民間企業などの70社あまりが出店しています。

お近くにお越しの際は、是非「おいしず」にお立ち寄りください。

橋本かずみプロフィール

橋本一実(はしもと・かずみ)
1964年(昭和39年)10月20日生まれ、54歳
家族:母、妻、1男2女
静岡県熱海市清水町5-17
●静岡県立熱海高校卒業(1982年度卒)
●株式会社東海プランニング代表
●熱海市交通指導員(2002年~)
●熱海市バドミントン協会会長(2008年~)
●熱海高校同窓会みどり会会長(2017年~)
●熱海ワイズメンズクラブ会員(1998年~)
●熱海コミカレねっとわーく会員(2002年~)
【公職・政治歴】
●2002年9月:熱海市議会議員初当選
●2003年4月:熱海市議会議員再選
●2007年4月:熱海市議会議員3選
●2010年10月:静岡県議会議員初当選
●2011年4月:静岡県議会議員再選
●2014年5月:静岡県議会厚生委員長
●2015年6月:衆議院議員秘書
●2019年4月:熱海市議会議員4選

ブログアーカイブ

PAGE TOP