橋本かずみ活動ブログ

祝 海の県道『県道223号』(ふじさん号)認定記念セレモニー

13.4.12川勝知事と②4月12日、静岡市清水区の清水港と伊豆市の土肥港を結ぶ「県道223号」が認定され記念セレモニーが清水港において挙行されました。

13.4.12海の道県道223号標識①13.4.12県道223号渡り初めセレモニー②県は、清水港(静岡市清水区)と伊豆市土肥を結ぶ駿河湾横断ルート(延長約30キロ)を「県道」として認定し、県議会でも承認され、現在、駿河湾フェリーが定期船を運航している航路を「県道223号」(ふじさん号)と認定しました。海上から富士山の景観を楽しみながら伊豆に向かう路線で、正式な路線名は県道223号清水港土肥線です。

観光交流目的に特化した海上県道認定は全国でも初めてです。

セレモニーで川勝知事は「県道223号上は海と山の風景の画廊。乗船者の一生の思い出に残る県の名物にしていきたい」と語りました。

13.4.12清水港から見る富士山13.4.12県道223号渡り初めセレモニー①新たな道路工事や維持管理などの費用もかからず、既存の会場のフェリー航路を「県道認定」することは知名度が高まることはもちろんのこと、富士山世界文化遺産登録を見据え、観光振興や地域活性化などにつながる有効策であると思います。今後さらに伊豆半島や富士山をはじめ静岡県のPRに役立てられたらと思います。

参加者してくれた地元幼稚園児や式典来場者らは乗船者と紙テープをつなぎ、県道通過第1便となるフェリーの出港を見送りました。

川勝知事と喜びを分かち合い記念撮影。民主党・ふじのくに県議団の林県議、阿部県議とも記念に。

13.4.12県道223号渡り初めセレモニー③※県道223号認定記念 片道3776円の特別運賃 駿河湾フェリー
静岡市の清水港と伊豆市の土肥港を結ぶ駿河湾フェリーは12~14日の3日間、「県道223号」認定を記念し、一般的な乗用車の片道運賃を通常の1台6千円から3776円とする特別運賃を実施します。
予約、問い合わせはエスパルスドリームフェリー〈電054(353)2221〉へ。

橋本かずみプロフィール

橋本一実(はしもと・かずみ)
1964年(昭和39年)10月20日生まれ、54歳
家族:母、妻、1男2女
静岡県熱海市清水町5-17
●静岡県立熱海高校卒業(1982年度卒)
●株式会社東海プランニング代表
●熱海市交通指導員(2002年~)
●熱海市バドミントン協会会長(2008年~)
●熱海高校同窓会みどり会会長(2017年~)
●熱海ワイズメンズクラブ会員(1998年~)
●熱海コミカレねっとわーく会員(2002年~)
【公職・政治歴】
●2002年9月:熱海市議会議員初当選
●2003年4月:熱海市議会議員再選
●2007年4月:熱海市議会議員3選
●2010年10月:静岡県議会議員初当選
●2011年4月:静岡県議会議員再選
●2014年5月:静岡県議会厚生委員長
●2015年6月:衆議院議員秘書
●2019年4月:熱海市議会議員4選

ブログアーカイブ

PAGE TOP