橋本かずみ活動ブログ

東部ブロック議員団会議で細野政調会長・榛葉外務副大臣・藤本内閣府副大臣

10月13日午後3時より、三島市の三島商工会議所1階TMOホール於いて連合静岡東部ブロック議員団会議第4回総会が開催されました。

連合静岡の東部労組側代表として中西議長が挨拶、続いて議員側の代表として高田県議が挨拶、この日は、連合静岡吉岡会長も出席、吉岡会長の挨拶をいただきました。

引き続いて、議員団会議メンバーの確認が行われ、衆参立候補予定者の紹介、首長・各級議員選挙候補予定者紹介等が行われました。

次に、次第を変更して公務が入って中座するため、外務副大臣に就任した榛葉賀津也参議院議員から就任挨拶および近況報告が行われました。

榛葉副大臣のあと、私の番で、県議会派の活動報告をさせていただきましたが、5分間という限られた時間で、雑駁な報告といた感じになってしまい、もう少し色々な活動をアピールできればと・・反省でした。

その後は、地域別の市議町議の報告が行われ、3分休憩後、今日注目のパネルディスカッションが開催されました。

パネラーは、民主党政調会長に就任した細野豪志衆議院議員、内閣府副大臣藤本祐司参議院議員、そして民主党副政策調査会長の田村謙治衆議院議員の3名。

進行役を田村衆議院議員が務め、細野政調会長や、藤本副大臣から政策等が述べられました。

細野政調会長は、民主党政権になって公約等実現できると信じていた「おごり」について反省しなければならないことに言及。新しい政調会長として最大の仕事と認識しているのは新しいマニフェストづくりだが、これもあれもと自分たちで議論して決めるのではなくて、総理からも指示があったが、まずは国民の声を聞いてみる。当然厳しい声が圧倒的多数を占めていると思う。でもそれも必要。まず厳しいプロセスも必要。そしてもうひとつの反省はガバナンス。いくら政策を訴えかけても、また政策実現をしても党内がばらばらでは皆さんになかなか納得していただけない。どういうガバナンスを確立するか。しかし、民主党政権になってなにもいいことがなかったかというとそれは我々が声を大にして説明をしていかなければならない。

まず、3年前、4年前を思い出してもらいたい。医療崩壊が叫ばれていた。2008年は東京都でさえ、妊婦がタライ回されて死亡する事件があった。最近ああいうこと聞いたことありますか。極めてそういうニュースは少なくなりました。なぜそうなったのかというと診療報酬の引き上げを行いました。公立病院の経営が改善している。

2つ目は、消えた年金問題がありました。我々は3年間かけてこの問題に取り組んだ。1300万件の消えた年金をお返しし、1.6兆円お返しし、集中的にやったことで来年には紙台帳としてデータ的には回収できるようになった。8合目まで来た。これは実績。

最後に子育て。自民党の時代はどうしても公共事業に重心を置いてきた。今の自民党は国土強靭化といって200兆円を10年間ですから、1年間に10兆円、そんな余裕が今の日本に本当にありますか。われわれは、そういう予算ではなくて人にお金を掛けよう。3年間で公共事業は32%削減しました。地方の皆さんにはできるだけお金を渡して、地域では事業をやっていただきたいと思っていますが、32%削減したものを代表的なものが子育て。不妊治療から出産一時金の引き上げ、公的施設拡大、子ども手当は大変申し訳ないが、これは自公との話、復興予算もあり、今月から多くの人が下がってしまう。これも過去の自民党時代より上げている。高校の無償化奨学金の充実。トータルな子育て環境が格段に良くなっていると思っている。これまでの社会保障は高齢者3経費、つまり医療と年金と介護。どうしてもそちらに偏っていた。我々は社会保障4経費といって子育てを明確に入れました。従来は社会で子育てが十分でなかった。と、参加者に熱く語った。

藤本副大臣からは、整備新幹線と八ツ場ダムについて、マニフェストの中間検証について、なぜできないのか、検討検証が不十分を認める。真摯に反省すると出している。それを土台に新しいマニフェストをつくる。無駄をなくしてほしいという声が強かった。独立行政法人、天下りを改善してきた。102あったのが65になっている。189名の役員が45名になった。民間を含めて公募にした。こういう実績も3年でできている。と述べた。

橋本かずみプロフィール

橋本一実(はしもと・かずみ)
1964年(昭和39年)10月20日生まれ、54歳
家族:母、妻、1男2女
静岡県熱海市清水町5-17
●静岡県立熱海高校卒業(1982年度卒)
●株式会社東海プランニング代表
●熱海市交通指導員(2002年~)
●熱海市バドミントン協会会長(2008年~)
●熱海高校同窓会みどり会会長(2017年~)
●熱海ワイズメンズクラブ会員(1998年~)
●熱海コミカレねっとわーく会員(2002年~)
【公職・政治歴】
●2002年9月:熱海市議会議員初当選
●2003年4月:熱海市議会議員再選
●2007年4月:熱海市議会議員3選
●2010年10月:静岡県議会議員初当選
●2011年4月:静岡県議会議員再選
●2014年5月:静岡県議会厚生委員長
●2015年6月:衆議院議員秘書
●2019年4月:熱海市議会議員4選

ブログアーカイブ

PAGE TOP