橋本かずみ活動ブログ

新型コロナ 熱海市がPCR検査費を助成 市議会全員協議会で協議

8月5日、午前10時より、市役所第3庁舎会議室において熱海市議会全員協議会が開催され、熱海市がPCR検査費を助成することに対しての協議が行われました。

新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない中、熱海市は、飲食店や宿泊施設、タクシーなど接客に携わる事業者を対象に
①従業員のPCR検査費用の8割助成(自己負担を5千円(1人1回限り)とし、2万円を上限)
②従業員から感染者が確認された場合に自ら店名公表の協力金10万円支給
についての説明がおこなわれました。

PCR検査費の補助対象は、首都圏からの来訪者と長時間接触する可能性が高い飲食店、宿泊施設(フロント・接客・客室清掃・送迎)、土産物店・小売店、スーパー・コンビニ(レジ)、観光・文化施設(フロント、案内)、タクシー・バス(運転手)、芸妓、コンパニオン、理容・美容室、マッサージ師、エスティシャン、一般廃棄物処理業など約2000事業所。
希望する事業者は、市に申請し、市内指定検査機関(国際医療福祉大熱海病院、熱海所記念病院)で検査を実施する。各業界のガイドラインに沿った感染対応がされていることが条件となっており、市は7500人分の予算1億5千万円を専決処分する。

店名公表の協力金10万円は、任意のPCR検査で従業員の陽性が確認された場合、保健所の調査に対し、店名公表に応じた事業者に支給する。市は10事業者分の100万円を専決処分する。

今回の全員協議会の意見を集約し、調整後に市議会の承認を受け次第、8月中旬からの実施を予定。

各会派が意見をまとめ、PCR検査費の助成については、すべての会派が賛成し、「従業員の不安を解消するとともに、市外に感染対策を発信したい。感染者が出ていない店への風評被害を防ぐためにも必要な施策」との当局の説明に一定の理解を示した。

 

【代表者会議におけるPCR検査助成制度等に対する質問・回答】

  1. PCR検査助成制度に関して

Q1. 一人一回限りということに疑問、何回でもやるべきでは。

  • まずは1回目のみ助成する制度として実施し、2回目以降については1回目の状況を見て判断したいと考えています。
  • また、今後、発生しやすい施設、発生しにくい施設の傾向も判明してくると思われるため、それらの状況を見た上で判断したいと考えています。

Q2.2つの病院の検査能力は40件/日であり、こなせないのでは。

  • 市内の病院からは、検査数の増加は可能と伺っており、施策の具体化に伴い調整を進める予定です。
  • また、市内で賄えない場合には、市外検査機関を紹介する事も考えています。

Q3.感染者が多数判明した際の医療体制の確保は。

  • 静岡県は、西部地域で急増する感染者に対し、入院患者の広域調整や軽症者療養施設 への受入を進めつつあり、これまで設置に向けて調整を進めてきた西部地域と東部地域の軽症者療養施設を速やかな開設を進めています。

感染拡大の状況を踏まえ、即応病床 300床、準備病床150床の確保を目指しているとのことです。

  • また、現在、静岡県が軽症者の受け入れ施設の確保を進めているところであります。

Q4.その他の感染症対策について

  • 感染防止対策支援事業として、マスクや消毒液、パーテーション等感染予防を講じる 費用に対し、補助する制度を検討中です。

Q5.カラオケリース料の補填も感染症対策メニューに加えてもらいたいがいかがか。

  • カラオケリース料については、別途支給ではなく、現在制度設計を検討している感染 防止対策支援事業の中で検討中です。

 Q6.カラオケを取りやめるよう強く要請すべきでは。

  • 8月1日から8月31日までの間の予定で、業界が独自でカラオケの自粛を各店舗にお願いをしているところです。
  • 市としては、感染の要因は、カラオケだけでなく、感染対策が不十分であったり、「3密」であったり、マスクの非着用での歌唱や大声での会話等、感染リスクが高かったことととらえております。そのことから、まずは、事業者に対して、ガイドラインの徹底をお願いし、市民の皆様や来訪客の皆様には「感染しない」「感染させない」意識と行動をお願いしています。

橋本かずみプロフィール

橋本一実(はしもと・かずみ)
1964年(昭和39年)10月20日生まれ、54歳
家族:母、妻、1男2女
静岡県熱海市清水町5-17
●静岡県立熱海高校卒業(1982年度卒)
●株式会社東海プランニング代表
●熱海市交通指導員(2002年~)
●熱海市バドミントン協会会長(2008年~)
●熱海高校同窓会みどり会会長(2017年~)
●熱海ワイズメンズクラブ会員(1998年~)
●熱海コミカレねっとわーく会員(2002年~)
【公職・政治歴】
●2002年9月:熱海市議会議員初当選
●2003年4月:熱海市議会議員再選
●2007年4月:熱海市議会議員3選
●2010年10月:静岡県議会議員初当選
●2011年4月:静岡県議会議員再選
●2014年5月:静岡県議会厚生委員長
●2015年6月:衆議院議員秘書
●2019年4月:熱海市議会議員4選

ブログアーカイブ

PAGE TOP