橋本かずみ活動ブログ

ふじのくに県議団の代表質問は林芳久仁会長

14.9.30ふじのくに県議団代表質問林会長①平成26年9月定例会の代表質問が30日、県庁本会議場で行われました。
今定例会、我が会派からは林芳久仁会長が代表質問に立ちました。

質問要旨は下記の通りです。

14.9.30答弁に立つ川勝知事①1 知事の政治姿勢について
(1)県内市町との協調体制
(2)市町への権限移譲
(3)県と市町の人事交流
2 財政健全化の取り組みについて
3 高規格幹線道路等を活用した物流機能の強化について
(1)本県の物流戦略
(2)駿河湾港の活用
4 人口減少対策への取り組みについて
(1)経済産業政策の役割
(2)観光交流人口の増大
5 がん診療提供体制の充実強化について
6 高齢者の社会参加と生活支援サービスの充実について
7 農水商工連携による六次産業化の推進について
8 富士山火山三県合同防災訓練2014について
9 公契約について
(1)技能労働者への適切な賃金水準の確保
(2)公契約のあり方
10 教育行政について
(1)静岡式35人学級編制の見通し
(2)教員の多忙化解消の取り組み
11 警察行政について
(1)検視の現状
(2)静岡県警察速度管理指針

質問答弁については、後日、改めてポイントを掲載したいと思いますが、富士山火山三県合同防災訓練2014について、県は、2月に策定した「富士山火山広域避難計画」を検証する考えを示しました。
合同訓練は、大規模噴火で大量の噴石や火山灰が噴石し、溶岩が山腹を流れ下るとの想定で、住民への情報伝達や避難誘導を主体に実施します。
答弁に立った岩田危機管理監は、噴火した御嶽山について、「単独峰の活火山で決して他人ごとではないと」とし、「住民が安全かつ円滑に避難できるよう計画の実効性を高めていく」と述べました。

橋本かずみプロフィール

橋本一実(はしもと・かずみ)
1964年(昭和39年)10月20日生まれ、54歳
家族:母、妻、1男2女
静岡県熱海市清水町5-17
●静岡県立熱海高校卒業(1982年度卒)
●株式会社東海プランニング代表
●熱海市交通指導員(2002年~)
●熱海市バドミントン協会会長(2008年~)
●熱海高校同窓会みどり会会長(2017年~)
●熱海ワイズメンズクラブ会員(1998年~)
●熱海コミカレねっとわーく会員(2002年~)
【公職・政治歴】
●2002年9月:熱海市議会議員初当選
●2003年4月:熱海市議会議員再選
●2007年4月:熱海市議会議員3選
●2010年10月:静岡県議会議員初当選
●2011年4月:静岡県議会議員再選
●2014年5月:静岡県議会厚生委員長
●2015年6月:衆議院議員秘書
●2019年4月:熱海市議会議員4選

ブログアーカイブ

PAGE TOP