2018.08.15 2:59 AM tel.0557-81-7755
! ! !

NEW ENTRY

民主党熱海支部総会・新年懇親会開催

平成22年1月24日(日)市内玉の湯ホテルに於いて民主党熱海支部の総会及び新年懇親会が行なわれました。
午後5時から開会された総会では野田勉支部長の挨拶に続き、昨年の事業活動報告と今年の事業活動計画(案)が承認され、今年度の選挙関係の確認を行いました。

今年は夏の参議院選挙において、なにはともあれ結果を出さなくてはならないので、そのためには何をするべきかを役員の皆さんから意見を出していただき議論を交わしました。その後、役員人事もスムーズに決まり、引き続き私は民主党熱海支部相談役を務めることとなり、支部の発展のため、もちろんその基軸となる地域の更なる発展を目的に任務を果たして参りたいと決意を新たにしました。

18時30分から始まった新年懇親会ではお忙しいなか、渡辺周総務副大臣をはじめ、伊東市の竹田市議会議員、中田県議会議員の奥様と杉本事務局長も駆けつけて下さいました。民主党青年局から函南町の佐藤さんにもご参加いただき、多くの民主党熱海支部の関係者で充実した楽しい時間を過ごしました。

参加者の皆さんからは「小沢幹事長の件」「鳩山総理の件」「年金や後期高齢者医療制度の件」「子ども手当の件」「地デジの件」「市長選挙・県議補選・市議補選の件」「他都市の広報誌の件」etc・・たくさ~んの話題で時間が足りないほどでしたが、皆さんがどんな風に考えているのか、思っているのかがよくわかり勉強になりました。

また、昨年?一昨年でしたか?ポニョの音楽にのせて民主党所属市議3名が仮装したことを覚えていてくれた方から、「今年はいつやるの」とリクエストをいただいたのですが・・今年は政権を取り「コンクリートから人へ」の合言葉のもと、今まで以上に気を引き締めなくてはいけないこともあって、いくら新年会とはいえ今年はやめておきましょうと言うことで「お預け」となりました。

今回、会場となった玉の湯ホテルさんには大変ご協力をいただきました。この場からも御礼申しあげたいと思います。ありがとうございました。 

おいしいお茶をいただきました。( ^^) _旦~~

1月24日(日)いきいきプラザにおいて熱海日本茶倶楽部の新春ミニ講座が開催されました。
今回この熱海日本茶倶楽部代表の伊藤琢磨さんにお誘いをいただき初めてこのミニ講座に出席させていただきました。
会の第一印象は・・女性が多い!と感じました。お茶というと男性的なイメージが強く(私の勝手なイメージですが)、参加者のほとんどが女性であったため少々驚きました。しかし、色々伺うと、皆さんのお茶に対しての知識は大変豊富で、また非常に興味をもたれているようでした。「ホッとするし、毎日飲んでるから工夫しておいしいお茶を飲みたいの」とお話しいただき、お茶に対しての思いは皆さん「お茶」だけに「あつ~い」ものがありました。私も現在45歳、ほとんど毎日お茶を飲み、お茶のおいしさにはひかれるものを感じ興味があります。それに、おいしいお茶を入れてくれる女性は素敵に見える・・という偏見はいけませんが、日常でホッとする貴重なひと時です。朝昼晩、食後にはお茶が欠かせないもので、これぞ日本のお文化です。この新春ミニ講座では県内産のお茶で生産地・品種・蒸し方など、それぞれの特徴や違いを味わいました。
熱海日本茶倶楽部の定例講座は奇数月に開催されています。お問合せは熱海市中央町11-23海苔勝内 熱海日本茶倶楽部 代表伊藤琢磨さん 0557-81-7969まで

なかなか見られなくなった光景です。

平成22年1月24日(日)清水町町内会青年会の清祥会が主催する恒例の新春清水町餅つき大会が開催され顔を出して・・というか「お餅をいただきに」参りました。
最近ではなかなかお正月でもお餅をつく光景は見られなくなってきたように感じていますが、お餅は日本の食文化のひとつでもあり、杵と臼で縁起良くお餅を搗き、紅白のお餅を作ったり、きなこやあんこやからみなど色々な食べ方をして楽しんだり子供頃はしたものですが・・・最近でもお正月はお雑煮を食べる人は多いと思います。しかし、市販のお餅で間に合わせてしまい、子ども達にとっても楽しい餅つきの機会は大変少なくなっています。
清水町は青年会の皆さんが3年前から餅つき大会を復活させ、最近では町内会の一つの楽しみな行事として定着してきています。
この日は私も杵を担がせいただき、お餅を搗かせていただきましたが、「橋本さん、腰はいってないよ!」と町内の役員さんに冷やかされながらも楽しく美味しくお餅をいただきました。
清祥会の皆さん、また町内の関係者の皆さんありがとうございました。
お疲れさまでした。

OLDER POSTS