橋本かずみ活動ブログ

建国記念日

今日2月11日は建国記念日です。

建国記念日は、初代天皇である神武天皇が即位したとされた日であり、明治時代に「紀元節」として定められことから、紀元祭として地元の神社等でも神事が催行されます。

本来ならば毎年、地元の来宮神社の紀元祭に参列させていただくのですが、本日は東駿河湾環状道路の開通式典が開催されるため、今年は参列は叶いそうもありません。

ですので、改めて建国記念日を迎えるにあたって自分の思いを記しておきたいと思います。

私が物心ついた年齢に、母から日本が敗戦国であるということを聞かされた記憶があります。

以来学校の授業や日々のテレビ放等でその基礎的な情報は増えていきました。

敗戦からの復興について、日本はよくここまで立ち直ってきたと感じています。

日本が、いえ世界も、戦争については、過去を顧みて多くを学び、子や孫たちにこの事実をしっかり継承し続けなくてはなりません。

歴史を少し紐解くと、熱海との縁も深い松井石根大将について、当時の日本政府と蒋介石の信頼関係が堅持されれば歴史は大きく変わっていたのではないでしょうか、日本のひとつの大きな転機だったと言えるのではないでしょうか。

第二次世界大戦後に、日本国憲法にふさわしい祝日の法案として、紀元節が「建国の日」として盛り込まれていましたが、連合国軍により削除されてしまいました。

日本が独立を回復した年から復活運動がおき、国会へ議案が提出されたのでした。その後、「紀元節」の復活に賛否両論あるなか昭和41年に、「建国をしのび、国を愛する心を養う。」という趣旨の「建国記念の日」を定める国民の祝日に関する法律の改正が成立しました。

今年は皇紀2674年です。皇室が2600年以上の歴史を持っていますが、そのような国は世界中で日本だけです。

国民が協力し、小さな島国が復興を成し遂げたのは事実です。まさに今、国際社会の中で、領土問題や国防について、私たちの考えや主張をしっかりと示すだけではなく毅然とした態度で臨まなければならないこと思っています。

多くの先人達が、想い、愛した我が国を守り、そして繁栄させていくことこそが、今を生きる私達の使命であり、責任であると思っています。

橋本かずみプロフィール

橋本一実(はしもと・かずみ)
1964年(昭和39年)10月20日生まれ、54歳
家族:母、妻、1男2女
静岡県熱海市清水町5-17
●静岡県立熱海高校卒業(1982年度卒)
●株式会社東海プランニング代表
●熱海市交通指導員(2002年~)
●熱海市バドミントン協会会長(2008年~)
●熱海高校同窓会みどり会会長(2017年~)
●熱海ワイズメンズクラブ会員(1998年~)
●熱海コミカレねっとわーく会員(2002年~)
【公職・政治歴】
●2002年9月:熱海市議会議員初当選
●2003年4月:熱海市議会議員再選
●2007年4月:熱海市議会議員3選
●2010年10月:静岡県議会議員初当選
●2011年4月:静岡県議会議員再選
●2014年5月:静岡県議会厚生委員長
●2015年6月:衆議院議員秘書
●2019年4月:熱海市議会議員4選

ブログアーカイブ

PAGE TOP