橋本かずみ活動ブログ

石仏を探そう!

石仏の道の由来

西山町のバス停付近でこのような案内板を見つけました。

そこには・・

『 古来、熱海村のはずれにあるこの地は、地蔵堂があり四面塔と呼ばれていた。

 左に「みしまみち」、右に「ひがねみち」(現存)の石標があり、東光寺への参道の入り口でもあった。(現在は明水神社に石塔が移転されている)

 天明二年(1782年)、名主今井半太夫が亡くなった子息の菩低堤を弔うため、ここに石仏を寄進した。

 その台石には、熱海村の中心よりここまで十町、ここから日金まで四十町とある。

 これ以後、村長渡辺房求の呼びかけで、日金山東光寺まで四十町の参道に一町目毎に順次石仏が寄進された。

 奇進者は主として熱海の名家や江戸時代の商人などが多い。

 昔から伊豆・相模・駿河の人は、死者の霊魂は必ず日金に昇るといわれ「日金山の奥には地獄がある、亡者の魂は皆ここに集まる」と信仰され、春秋の彼岸にはここに大勢の人が参詣した。』

橋本かずみプロフィール

橋本一実(はしもと・かずみ)
1964年(昭和39年)10月20日生まれ、54歳
家族:母、妻、1男2女
静岡県熱海市清水町5-17
●静岡県立熱海高校卒業(1982年度卒)
●株式会社東海プランニング代表
●熱海市交通指導員(2002年~)
●熱海市バドミントン協会会長(2008年~)
●熱海高校同窓会みどり会会長(2017年~)
●熱海ワイズメンズクラブ会員(1998年~)
●熱海コミカレねっとわーく会員(2002年~)
【公職・政治歴】
●2002年9月:熱海市議会議員初当選
●2003年4月:熱海市議会議員再選
●2007年4月:熱海市議会議員3選
●2010年10月:静岡県議会議員初当選
●2011年4月:静岡県議会議員再選
●2014年5月:静岡県議会厚生委員長
●2015年6月:衆議院議員秘書
●2019年4月:熱海市議会議員4選

ブログアーカイブ

PAGE TOP