2018.07.23 7:01 PM tel.0557-81-7755
! ! !

NEW ENTRY

文藝雑誌『文學界』のなかに

文藝雑誌『文學界』のなかに津村節子さんの「異郷」という熱海を題材にした小説があり、知人であるホテルの副社長さんに、そのことを教えていただき読ませていただきました。
作家の津村節子さんは1965年「玩具」で第53回芥川賞受賞され、女流文学者での受賞は当時珍しく話題となり「玩具」はベストセラーとなっている。
読ませていただきながら、「あ~あそこに泊まったんだ」とか「あの店に行かれたんだ」とか想像しながら、表現や感性豊な表現はさすがだ・・・と感じましたが、保養のために数日間熱海に宿泊して市内の観光施設等を見て回ってくださったことが書かれている。
数日間の滞在型のホテル・・・岩盤浴梅園、澤田政綱記念館、起雲閣、MOA美術館等にも行かれた様子。平和通りの食事処もとても美味しかったと書かれている。
熱海の良さを取り上げてくれてうれしい限りですが、津村先生も熱海は「温泉と花火」のまちというイメージをお持ちだったと記されていました。
もっと多くの人に熱海の新たな良さを取り上げてもらいたいです。

今年最後の街頭演説

23日今年最後の街頭演説を行ないました。
小森高正議員と共に街頭に立ちましたが、昨夜、民主党政権として初めての税制改革を盛り込んだ2010年度の税制大綱が閣議決定され、「公約と違う」と言われるだろうなぁ~と不安を抱えた中で、釈然としない形での演説となりました。
今朝の新聞にも詳しく記されていましたが、ガソリン税の暫定税率は形の上では廃止するが、同率の「特別税率」を環境税導入までの間、本則税率に上乗せ課税する。
家計に直結する税制改正の柱は所得税控除の見直しで所得税、住民税の一般扶養控除は、子ども手当を受給できる15歳以下の「年少部分を廃止」。
23~69歳の「成年部分」は手当がなく増税となるため所得から38万円を控除できる現行制度を維持する。高校生の子どもがいる世帯に適用する特定扶養控除は16歳から18歳の所得税の控除額を63万円から38万円に、住民税を45万円から33万円に減らす。
鳩山首相は2010年予算編成の焦点である子ども手当の取扱いについて「今までの児童手当の地方負担分は変えない。それよりは多くはならない」と述べ、従来の児童手当の約5700億円の範囲内で地方負担を求める考えを示した。以上のとおり、このことから街頭での市民の感触はしら~~っと冷ややかさを感じましたが、12月定例議会の報告及び今年一年お世話になった感謝の気持ちを言葉にして本年最後の街頭演説を締め括ったのでした。

ワイズメンズクラブクリスマス家族会

平成21年12月20日東海岸町の後楽園ホテルにおいて熱海ワイズメンズクラブのクリスマス家族会が開催されました。
齊藤栄市長と田島秀雄県議も来賓として参加していただき楽しいひと時を過ごしました。
画像はサンタとトナカイに扮してプレゼントを配る役を仰せつかった私と(角で顔が良く見えませんが)同僚メンバーの村瀬さんと日吉さんです。
プレゼントを渡すときに小さな子ども達に泣かれてしまうかもと心配し、なるべく笑顔を(ひきつってましたが)心掛けたことが幸いして、何とかプレゼントは全て配り終えましたがトナカイ役の村瀬さんが配り終えてから「値段のシールついてて焦った」とハプニング談、、、3人とも冷や汗かきながら良い経験をさせていただきました。
ビンゴやくじ引き、子ども達のゲーム大会と盛り上がりあっと言う間に時間が過ぎました。
クリスマス家族会開催担当の親睦委会の鈴木委員長さんはじめ親睦委員の皆さんお疲れ様でした。

OLDER POSTS