橋本かずみ活動ブログ

週末は色々・・

現在静岡県議会の6月定例会の会期中ということで、平日はほとんど静岡、地元の活動が手薄になる感が否めませんが、週末は夏祭りも近いことから、色々な場所に顔を出す機会が増えています。

この土曜日曜も多くのイベントや会合に参加させていただきましたが、全て詳細な報告をしても、読むのも大変でしょうから要点のみ報告してみたいと思います。

土曜日は会期中ということもあり、オープニングセレモニーのご案内もいただいておりましたが、なかなか行くことができなかった、熱海在住日本画家の坂本武典さんの個展が駿東郡清水町の地域交流センター・展示ホールにて開催されており、鑑賞に伺いました。

この大きさは何号サイズと言えば良いのか、大作がズラリと並び、岩絵の具で描かれた作品は議会中の私にとって一時の安らぎというか癒される時間でした。

また、装飾作品を手掛ける下田俊章の創作ユニットなどの展示もあり、「お!これもまた凄い!」という感じで、芸術も手法により表現も色々であると感じました。

熱海市にもこのような規模の展示場があると更に文化や芸術を多くの市民や観光の方に楽しんで頂けるように感じました。

もちろん、起雲閣などもありますが、このサイズの絵等では、ちょっと狭いでしょうね。

さて、日曜日は朝、今週末から始まる熱海こがし祭りの準備が各町内会でスタートしており、清水町の木彫り山車の清掃及び装飾準備が9時から行われるということで、残念ながらお手伝いはできなかったのですが、ご挨拶だけで失礼し、その後、午前8時から行われている第47回下多賀宮川マス釣り大会に伺いました。

このマス釣り大会は47回目ということで長い歴史があり、小さな子どもから高齢の方まで家族みんなで楽しめるイベントです。

大きなマスがかかると一瞬緊張感が、釣り上げると歓声が上がり、子供たちも必死です。保護者も必死です。良い光景でした。

コミにケーションが不足しているといわれ久しい時代に、このようなイベントが継続されることは大切なことであると改めて感じました。

表彰式に出席させていただき、最後はマスのフライ・・・確かに美味しかったのですが、さっき釣られていたマスが・・と思うと複雑な心境でした。

ともあれ、今後ともこのマス釣り大会が地域の皆様のご尽力により末長く発展いたしますよう私も微力ですが協力して参りたいと思います。

入賞された皆様、おめでとうございました。

その後、網代TEAM浜市海鮮市場に行きました。本来網代おやじの会のメンバーとして準備から加わらなければららないわけですが、お昼近くに伺いました。

仮設テーブルは満席で、サザエのつぼ焼きや海鮮焼きそば、イカメンチなど、人気メニューも大好評のようでした。

続いて、中野のお祭りが行われていたため、お神酒所に立ち寄り、14時からの面談に合わせて事務所に一度戻り、今度は11日に北朝鮮拉致議連に提出準備をしている署名収集にあたりました。

夜7時からは来宮神社例大祭に向けて御神女さんとして巫女神楽の舞の練習をされているため、激励を兼ねて見学させていただきました。今年の御神女さんは藤間彩葉ちゃん、本番が楽しみです。彩葉ちゃんは改めてご紹介する事と致します。

 

 

 

橋本かずみプロフィール

橋本一実(はしもと・かずみ)
1964年(昭和39年)10月20日生まれ、54歳
家族:母、妻、1男2女
静岡県熱海市清水町5-17
●静岡県立熱海高校卒業(1982年度卒)
●株式会社東海プランニング代表
●熱海市交通指導員(2002年~)
●熱海市バドミントン協会会長(2008年~)
●熱海高校同窓会みどり会会長(2017年~)
●熱海ワイズメンズクラブ会員(1998年~)
●熱海コミカレねっとわーく会員(2002年~)
【公職・政治歴】
●2002年9月:熱海市議会議員初当選
●2003年4月:熱海市議会議員再選
●2007年4月:熱海市議会議員3選
●2010年10月:静岡県議会議員初当選
●2011年4月:静岡県議会議員再選
●2014年5月:静岡県議会厚生委員長
●2015年6月:衆議院議員秘書
●2019年4月:熱海市議会議員4選

ブログアーカイブ

PAGE TOP