橋本かずみ活動ブログ

2022年 新年のごあいさつ        

2022年 新年のごあいさつ        

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

初めに旧年中は多くの皆様よりご指導ご鞭撻を賜り、心から御礼を申し上げます。

昨年を振り返りますと、一年を通じ、新型コロナウイルス感染症の対策に追われ、様々な制限を余儀なくされた一年でございました。

更に7月3日に発災した伊豆山土石流災害では、27名もの尊い命が奪われ、未だ1名の方が行方不明であり、捜索が続けられております。

昨年10月、市民3団体による請願が9月定例会で採決されたこともあり、市議会では11月に臨時会を開催し、「伊豆山土石流災害に関する調査特別委員会」(百条特別委員会)を設置し、市議会として積極的に原因究明を進めていくこととなりました。

しかしながら、私は、この土石流災害の根本的な問題は、「国」による「建設残土の法規制」の無いことであり、その観点からも、この災害の実質調査は、市が国に当初求めたように国によって原因究明を行うべきことで、当事者である市や県が行うには些か限界があると感じております。

当時の首相は「できることはすべてやる」と公言されておりましたので、その言葉に国は責任を持ち、早急に実行していただけることを切に希望します。

振り返れば2年前の市議会改選時、市民の皆さんの目線で納得してもらえ信頼が得られる政治活動に取り組むことをお約束いたしました。議員として市民が安全で安心して暮らせるに日常を願い、それを公約に掲げた私にとっても、この伊豆山土石流災害の原因究明は、政治生命をかけて取組むべき事と肝に銘じ、常に被災者の立場に立って今後も精神誠意取り組んで参る所存でありますことを改めてお誓い申し上げます。

また、新型コロナウイルス感染症対策といたしましては、昨年2月定例会において、経済支援対策として中小企業応援給付金等の取組をはじめ、今後も様々な支援策を推進してまいります。また現在、市民の皆様に対しまして、第3回目のワクチン接種の準備が進められております。市民の皆さまの「安全と安心」を最優先に今後もしっかりと職務を果たして参ります。

結びに、本年の市民皆様のご健康とご多幸を心から願い、新年のご挨拶といたします。

令和4年 元旦 熱海市議会議員 橋本一実   

  

【橋本一実令和3年11月本会議録画】

※昨年、12月8日に開催された令和3年11定例会本会議での私の質疑の様子がご覧いただけます。

熱海市議会ホームページ市議会インターネット配信のURLを貼り付けておきます。
お時間の許される方は是非ご覧下さい。

http://www.atami-city.stream.jfit.co.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=277

橋本かずみプロフィール

橋本一実(はしもと・かずみ)
1964年(昭和39年)10月20日生まれ、54歳
家族:母、妻、1男2女
静岡県熱海市清水町5-17
●静岡県立熱海高校卒業(1982年度卒)
●株式会社東海プランニング代表
●熱海市交通指導員(2002年~)
●熱海市バドミントン協会会長(2008年~)
●熱海高校同窓会みどり会会長(2017年~)
●熱海ワイズメンズクラブ会員(1998年~)
●熱海コミカレねっとわーく会員(2002年~)
【公職・政治歴】
●2002年9月:熱海市議会議員初当選
●2003年4月:熱海市議会議員再選
●2007年4月:熱海市議会議員3選
●2010年10月:静岡県議会議員初当選
●2011年4月:静岡県議会議員再選
●2014年5月:静岡県議会厚生委員長
●2015年6月:衆議院議員秘書
●2019年4月:熱海市議会議員4選

ブログアーカイブ

PAGE TOP