2018.01.20 10:17 AM tel.0557-81-7755
! ! !

NEW ENTRY

国土交通大臣政務官 藤本祐司参議院議員

本日11日も熱海市議会本会議が午前9時30分から開会され、議員質問の後半戦スタート。朝9時半から夕方4時半近くまで、休憩は挟むものの、ず~っと座って、同僚議員の質問と当局の答弁を聞く。自分の質問時にも聞いていてもらうわけなので、こればかりはパスするわけにはいかない。
もちろんどの議員の質問内容も大事な事案ばかりです。ですが、睡魔が襲ってくるときもあり、指名されてもいないのに「はい!2番橋本!」なんて寝ぼけて起立したら・・と想像して、目だけはつぶっちゃいけないと堪えるのは一苦労です。
そんな時は、目にマッチ棒でつっかえ棒して・・・などとくだらない空想してしまい、緩んだ顔の表情を決まってある同僚議員に見付けられてしまうのでした。
まぁそんなことはいいとして、画像は過日、国土交通大臣政務官 藤本祐司参議院議員を表敬訪問したときの画像です。来年の参議院選挙静岡選挙区の民主党公認候補予定者にも決まっています。

12月定例議会の質問登壇

平成21年12月10日(木)午前9時30分より熱海市議会本会議場にて本会議第2日目の各議員議員の質問が行なわれ、民主党・市民クラブ議員団は午後1時30分より会派代表の山田治雄議員を先頭に、小森高正議員、金森和道議員と登壇し、午後3時40分頃から私もこの日の最終登壇者として質問を行いました。(お忙しいところ傍聴にお越しいただいた皆様には深く感謝申しあげます)
午前中の他の会派の議員と質問が重なった部分を修正を試みるが、基本的な部分については既に通告してある内容と変わってしまうわけにもいかず、二番煎じとなることは致し方ないが、結局、どうもスッキリしない質問になってしまった。
熱海市の将来を考えれば、与党も野党も無く、良いことは良いと、悪いことは悪いと、ただそれだけでも人の見方はそれぞれで、今回の質問も市民にはどのように映るのか、、、しかし、相変わらず齊藤市長はマイペースというか、自民党議員のトップバッターにコマセを撒かれ、二番バッターに揺さぶられて、三番バッターにほぼ予想通りの打ちごろの威力の無いストレートを要求通りのコースに投げてしまい。計算通りにしてやられ、ほとんど傍聴者もマスコミ中心の中中途半端な形のなか議会での再出馬表明となった。戦略も何も考えないのか?ただただ、またやっちゃってる・・・と言う感じ。
自分だけの選挙だと考えているのか、、、熱海再興のために死に物狂いになってあらゆる施策の取組みを進めていれば、おのずと結果は付いてくる。明日も議員の質問は続くが、、、次の3月議会は予算、いよいよ正念場となる。

赤い羽根街頭募金

毎年恒例のワイズメンズクラブの赤い羽根共同募金の街頭活動が9日午後2時より清水町橋付近において行われました。
この募金活動はワイズメンズクラブのCS(地域奉仕)委員会が中心となり、市民に協力を呼びかけました。
こんな厳しい経済状況だし、、、募金の収集も期待できず、きっと厳しいと思ったのですが、持っていたよりも、皆さん協力して下さいました。
きっと苦しいときこそといった優しい思いの浄財なのでしょう。自分もワイズのメンバーと共にこういった活動が出来ることを幸せに思うべきと感じました。
募金は即日、市社会福祉協議会に寄付されました。明日は、、日付け変わってもう今日ですね。本会議質問日・・・これから最終原稿チェックです。

OLDER POSTS